気分は台湾

2004年から台湾に通い始めて渡航回数は70回超え!
なんか、台湾なんですよね! なんかね!!
台湾のインディーズ音楽とか台湾ごはんとか
ニッチな台湾について書いてみます

1KBLX GOLFとPC、そしてネコさんのお話も少し…。

    先日はセルボのエアコンフィルターを交換しました。
    で、今度はプラグとイグニッションコイルを交換することにしました。

    納車整備でプラグとイグニッションコイルは交換されていなかったのと、ちょっと加速が鈍いような感じがしたので…。
    とりあえず楽天内のショップでプラグとイグニッションコイルのセットを購入してみました。

    スズキ セルボ プラグとイグニッションコイル
    プラグは信頼のNGK製です。イリジウムMAXプラグでロングライフタイプになります。
    セルボは3気筒なのでプラグは3本です。
    今まで乗ってきた車はすべて直列4気筒だったのでなんか足りない気がしてなりません。でも費用的には節約できているのでよしとします。

    スズキ セルボ プラグとイグニッションコイル
    プラグ番号はDCPR7EIX-P (5175)になるようです。
    ※いちおう販売元にプラグ、イグニッションコイル共に適合確認済みです。

    スズキ セルボ プラグとイグニッションコイル
    中心電極にイリジウム合金、外側電極に白金合金と、両電極に貴金属を採用したロングライフタイプです。中心電極がほそいのが特徴ですね。

    スズキ セルボ プラグとイグニッションコイル
    イリジウムMAXの場合、交換寿命は軽自動車の場合で約5年のようです。

    スズキ セルボ プラグとイグニッションコイル
    箱の裏面。プラグ交換は何度もしているのですが、ここを見るのは今回が初めてのような気がします。
    締め付け回転角が記載されています。あと、プラグギャップの調整も不必要となっています。

    スズキ セルボ プラグとイグニッションコイル
    イグニッションコイルです。中国製の社外品です。
    イグニッションコイルの交換時期の目安は100,000kmと言われています。50,000kmを超えたところですが、初年度登録から10年以上経っていて未交換のようなので今後のことも考えて今回合わせて交換することにしました。

    スズキ セルボ プラグとイグニッションコイル
    純正番号が刻印さてています。
    適合確認済みなので大丈夫だとは思うのですが…。

    プラグとイグニッションコイルのセット価格は、1,000円引きのクーポンを利用して8,751円でした。
    前に所有していたGOLF5のイグニッションコイルとプラグの1本分よりちょっと高いくらいの金額には驚いています。あまりにも安いとなんかすぐ壊れるのでは? という気にもなりますが、どうでしょうか??

    とりあえず次のお休みに交換作業をしてみようと思います。





    先日購入したスズキセルボのエアコンフィルターの交換をしました。

    スズキ セルボ エアコンフィルター交換してみました。
    この車種のエアコンフィルターは助手席側のグローブボックスの奥にあります。なので、グローブボックスを外さなければなりません。

    スズキ セルボ エアコンフィルター交換してみました。
    外し方はグローブボックスの右奥にあるねじをプラスドライバーで外します。それからグローブボックス本体を手前に引き出します。

    スズキ セルボ エアコンフィルター交換してみました。
    グローブボックスを外して中を覗き込んだ状態。青線で囲んだ部分にエアコンフィルターが収まっています。赤く囲んだ部分のロックを外せは蓋が手前に外れます。

    スズキ セルボ エアコンフィルター交換してみました。
    蓋を開けました。写真のような感じでエアコンフィルターが収まっています。手前に引き出せばOKです。

    スズキ セルボ エアコンフィルター交換してみました。
    さてさて、左が使用済みのもので右が新品です。両方ともデンソー製です。
    使用済みのものはどれだけの期間使われていたかは不明ですが、かなり汚いです…。今回交換して正解でした。

    スズキ セルボ エアコンフィルター交換してみました。
    使用済みのエアコンフィルター。たばこの嫌な臭いがしています。

    スズキ セルボ エアコンフィルター交換してみました。
    新品のエアコンフィルター。いいですね〜

    スズキ セルボ エアコンフィルター交換してみました。
    古いものから新しいものへ交換しました。写真のように差し込む向きを確認します。赤く囲んだ部分にあるように向きの記載もあるので間違えることはないと思います。
    そして外した手順の逆に作業をしていけば完了です。

    今回の作業は特段難しいことはないと思います。必要工具はプラスドライバーのみ。作業時間は10分前後でしょうか。今回は写真撮影なども同時に行ったのでその倍の20分以上かかりましたけど…。
    さて、次回の交換時期ですが…。 嫌なにおいがしてきたら交換しようと思います。





    このページのトップヘ