2020年最初の台湾は2泊3日と短いものでした。ほんとあっという間の台湾。中身は濃かったけど、やっぱり短い。

さて、帰路につきます。
帰国便はピーチのMM30便です。桃園を22時30分に出発する便なので最終日も比較的ゆっくりできます(ただし関空に午前2時に到着するので、空港から自宅までの移動がちょっと辛い)。

そしてたどり着いたのは、
いつもの帰り道。
国光客運台北車站バスターミナル。最近は空港バス(1819番)の積極利用です。
ちょうど桃園国際空港行が止まっていたので、悠遊卡利用で飛び乗りました。
乗客は数人しか乗っていませんでした。桃園機場MRTができてほんと利用者減りましたね〜

いつもの帰り道。
桃園国際空港到着。ピーチのチェックインカウンターは第1ターミナルの中ほどあたりにある5番カウンター(2020年2月1日現在)。チケットを受け取ると搭乗ゲートは「B1R」とありました。
「B1R」=「沖止め」となります。

いつもの帰り道。
「B1R」の2番から搭乗します。

いつもの帰り道。
沖止めなので飛行機まではこのバスで移動。揺らり揺られて空港を移動し、飛行機に向かいます。

いつもの帰り道。
残念ながら帰国の途に就くことになります…。

お疲れ様でした。